クレジットカードの支払いが遅れたらどうなる

クレジットカードはとても便利なものなので、今では大抵の人が一枚や二枚、お財布の中にいれていると思います。それぞれのクレジットカードには使った分のお金が翌月(使っているその人の契約方法にも依ります)か何回かに分けて銀行から引き落とされる、というシステムです。ではもしそのクレジットカード会社が銀行からお金を引き落とそうとしたときに、その使っている銀行の残金が0だった場合、もしくは残高が支払う金額よりも少なかった場合はどうなるのでしょうか。そしてクレジット会社はどれくらい支払いを待ってくれるのでしょうか。

簡単に言うと支払が一日でも延滞しない方が良いでしょう。というのも、クレジット会社によれば一日でも支払いが遅れた場合、支払の延滞者としてチェックマークが付くからです。そしてそれが長引くと・・・、ブラックリストに載る事も考えられます。そしてこのブラックリストは、各クレジットカード会社それぞれが作ってもっている・・・と場合もありますが共通の裏情報として出回っている可能性もあります。そうなると、他のカード会社で新しくカードを作ることが出来なくなることも考え得る可能性です。つまりクレジットカードの支払を延滞するのはデメリットでしかありません。それを避けるためにどのカード会社もカードを作る際の審査を厳しくしているはずなのですが…実際のところすべてがうまくいくとも限りません。支払い能力のないカード利用者でもカードを持つことがあります。

クレジットカードの怖いところは、お金の返済が出来なくなってしまうと困るから・・・と返済のために他のカード会社からお金を調達し、その場限りの方法でお金を新しく借りて、カード会社にまた借金をすることです。これを繰り返していくと・・・袋小路にはまってしまうことは目に見えていますよね。多重債務です。そうならないためにクレジットカードは少ない方が良いのですが。クレジットカードは諸刃の剣です。良い部分もあれば怖い部分もあります。クレジットカードを使って買い物するときは、支払の事を考えてから買い物をすることが、当たり前だけれどとても大切です。